​物件を貸したい方

あなたの空き家を待っている人がいます

私が造られてもう20年になる。

長く暮らしていた夫婦が出ていって3年。今では住んでくれる人もいなくなった。

ただ1~2週間に1度、あの夫婦が部屋の掃除にやってくるだけだ。

新築のころに比べれば、ところどころ塗装が剥げて設備は古くなり、ずいぶんと色あせてしまった。

私だって職人に命を吹き込まれたひとつの家なのだから、最後まで誰かに住んでもらいたい。

 

そんななか久しぶりにあの夫婦が私のもとにやってきた。

見覚えのない男を連れている。彼はいったい誰だろう。

 

「若い人がのびのびと暮らしてくれるような空間にしたいんです」

奥さまは優しそうな笑顔をつくる。

「分かりました。私たちが責任を持ってプロデュースしますよ」

若い男がそう答えた。

 

どうやら私は新しい誰かが暮らす場所として作り直されるようだ。

「また誰かの生活を支える空間として活躍できるんだな」

私は3年ぶりに家として造られたことの意味を感じた

手つかずの物件をプロデュース

_DSC3570.jpg
DSC_7947.jpg

空き家や空室物件を活用

さまざまな人の役に立つ、魅力的な空間に

空き家や空室物件を持て余している方、そのままにしていると行政から指導を受ける可能性もあります。空き家などはさまざまな活用法があり、人のために役立つ空間を創出できるのです。このページではあらゆる活用法をご紹介。お困りの方は群馬県太田市のアンフォールドまでお気軽にご相談ください。

空き家対策

政府や地方自治体の秘策

彼女のラップトップで

空き家バンクの設置

入居希望者と所有者のマッチングを活用

「空き家バンク」とは、家の所有者と入居希望者とのマッチングを図る、行政主導で作られたサイトのことです。市町村の半分以上、都道府県の4分の1以上が既に開設しており、助成金やお祝い金、医療費をなくす制度などと組み合わせることで、空き家をゼロにしようとしています。

宿泊施設としての活用

インバウンドといわれる外国人旅行者の増加によって、ホテルや旅館などの宿泊施設は不足しています。そこで注目を集めたのが空き家です。全国各地で空き家を宿泊施設の代わりとして使う動きがありますが、東京や大阪などのエリアでは、一部提供が禁じられていますので、ご注意ください。

_DSC6749.jpg
ただし一部エリアでは提供禁止に
一緒に手

空き家の公的活用

地域住民たちの憩いの場として活用

空き家を活用し、公共施設として使っている自治体も増えています。公民館や住民や子どもたちのコミュニティスペースなどをはじめ、不足する公営住宅対策として家賃補助付きの住まいとして貸し出している自治体もあり、空き家が地域住民の生活を支える構図ができあがりつつあるのです

空き家対策特別措置法

2014年の5月から施行された「空き家対策特別措置法」。これにより住居の所有者は空き家を適切に管理することが義務化されました。たとえば、管理がうまくいかずに悪臭がしたり、庭木が伸び放題になってしまったり、建物自体が老朽化したりすると周辺住民にまで迷惑がかかります。そんな問題を防ぐために施行された法律です。空き家をお持ちの方は、常に気をつけなければいけません。

_DSC2972.jpg

空家等除却補助金制度

1年以上、居住していない空き家で群馬県太田市内にあるものを、自発的に除去する場合、また土地を利活用する場合は太田市から最大50万円の補助金が出ます。ご不明点に関しては太田市のアンフォールドまでお気軽にお問い合わせください。

​空き家活用

​その空き家が収入源になります

_DSC6015.jpg

居住用賃貸

空き家の活用方法としては最もポピュラー

最もポピュラーな空き家の活用方法です。賃貸物件として入居者に貸し出すことで、家賃収入を得られます。また大きめの物件をお持ちの場合は、シェアハウスとして複数人に貸し出せる場合もあります。行政に対する申請書類の提出の流れや「普通借家契約」と「定期借家契約」の違いなどはぜひご相談ください。

事業用(オフィス)賃貸

立地によっては高収入も

居住用と同じく、法人向けのオフィスとしても貸し出せます。この場合は立地がカギ。オフィス街や駅の近辺に物件がないと借り手が決まりにくくなります。また、一度オフィス用として貸し出したら、内装の仕組み上、元の居住用にスペースに戻しにくくなるので、注意が必要です。

ホワイトオフィス
ホテルの寝室の入り口

宿泊施設

日本への旅行者をターゲットに

現在、海外からの旅行者が急増しているなか、空き家を宿泊施設として活用する動きが活発化しています。和室をお持ちの方は、民宿としてオープンすると外国人からの人気も高まるでしょう。ただし、東京圏や大阪圏では禁止されている土地もございますので、必ず事前に確認が必要です。

売却

管理の手間や税金を納めるコストがなくなる

ストック収益は見込めなくなりますが、管理の手間や納税がなくなり、売却額を得られるので、面倒な方は売却してしまいましょう。群馬県太田市の場合は売却の際、最大50万円の補助金が出ますので、リーズナブルに施工を進めることも可能です。ご不明点に付きまして群馬県太田市のアンフォールドまでお気軽にご相談を。

_DSC5762.jpg
DSC_6717.jpg

コミュニティスペース

地域の皆様が集まるゆったり空間に

地域住民が集まる憩いの場としても活用できます。全国的にも空き家の内装を工夫して、コミュニティスペースにしたケースはいくつかあり、公共施設にはないお手軽感が人気を博しています。内装のプロデュースはぜひ、群馬県太田市のアンフォールドまで。コンセプトに合わせて、さまざまな雰囲気を創出します。

内装のプロデュースはアンフォールドまで

空き家を賃貸や施設、コミュニティスペースにするときに欠かせないのが内装のやり直し。群馬県太田市のアンフォールドはこれまでの豊富な経験を生かして、コンセプトに合わせたデザインをお届けします。またリノベーションはもちろん、消費者に貸した後の物件管理までを一括して承るので、オーナー様に面倒をかけません。